読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bistro"1.8g"

igA腎症の料理人「M」です。当ビストロでは、一食当たり塩分1.8g以下の美味しい減塩料理を紹介。

アーモンドとピスタチオのポテトサラダ(調味料の塩分0.6g)

f:id:mmem:20150603174710j:plain

新ジャガが出回り始めました。

 

寒い時期のホクホクのジャガイモも最高ですが、

この時期ならではのみずみずしさも、香りが際立って格別ですね。

 

 

今回紹介するのは、少し変わり種のポテトサラダです。

 

 

塩分は、0.6g

かなり少なめです。

 

あまり大きい声で言いたくはないのですが、

塩の足りないジャガイモって、はっきり言って、本当に美味しくない。

ボソボソするし...

でんぷんの匂いが際立って苦手、という方も多いと思います。

 

 

減塩でも美味しいポテトサラダを作る鍵。

それは、ローストナッツです。

 

独特の香りコク。ほのかに苦みのあるナッツを加えることで、

濃厚なポテトサラダになります。

 

 

■アーモンドとピスタチオのポテトサラダ(1人前)

※レシピの著作は当ブログにあります。無断での私的・商用利用(無断複製・公開・転載・販売)を禁じます。

 

材料

・じゃがいも 1個

・みじん切り人参 適量

・粗びき黒コショウ 少々

・マヨネーズ 大さじ3(塩分約0.6g)

・アーモンド 3~5粒ぐらい

・ピスタチオ 3~5粒ぐらい

・パセリの葉 少々

※ナッツは無塩・無油のもので、ローストされているもの使ってください。香ばしさが違います。

 

 

作り方

1、ジャガイモはよく洗って土を落とし、芽を取り除く。皮付きのまま半分にカットし、それぞれアルミホイルで包んで、強火のトースター等で焼く。箸などで刺してスッと通れば中まで火が通った証拠。(お急ぎの場合は電子レンジ加熱でも良いです。)

 

2、ジャガイモが熱いうちに皮をむき、スプーンなどで粗くつぶし、黒コショウをたっぷり加える。結露防止のため、表面を覆うようにぴったりとラップをして、粗熱を取った後、冷蔵庫でさらに冷やしておく。

 

3、みじん切り人参をレンジで加熱して柔らかくする。ナッツをビニール袋などに入れて、綿棒などで少しだけ砕く(食感が残るように大きめに砕く)。

 

4、しっかり冷えて固くなったポテトをフォークでほぐし、人参を加え、マヨネーズを加えて混ぜ合わせる。最後にナッツを加える。仕上げにパセリをふる。

 

ポイント

・ジャガイモは蒸したり茹でたりすると水っぽくなるので、避けてください。

・ナッツは何でも代用できますが、いわゆる渋皮が付いているものが断然美味しいです。マヨネーズが絡まることで、渋みが旨みに変わります。 

・塩を計量する手間を省くため、今回はマヨネーズのみで味付けしました。電子計量器を持っていらっしゃる方は、お好みでマヨネーズを減らして岩塩に置き換えてください。塩の旨みが加わって非常に美味しくなると思います。

 

普通食アレンジ

・満を持してお勧めするのが、刻んだ生ハムを加えること!もう最高です。バケツ一杯食べられます!

私は今食事制限中なので、食べられなくて悲しい…

ビールやワインにも合うので、旦那様の晩酌にももってこいです。安く売ってる「生ハム切り落とし」で十分です。

・お子様用にはカリカリに焼いたベーコンロースハムを入れてあげると喜ぶと思います。

 

 

 

 

 

このレシピは、私が学生時代に足繁く通っていたスペインバルの名物メニューを参考にアレンジしたものです。

今はもう閉店してしまったのですが。

そこでは、ジャガイモではなくカボチャを使い、切り立ての生ハムがたっぷり入っていました。あれはほんとに美味しかったなぁ。

 

ぜひ、カボチャでも試してみてください。

 

 

「M」