Bistro"1.8g"

igA腎症の料理人「M」です。当ビストロでは、一食当たり塩分1.8g以下の美味しい減塩料理を紹介。

チキンのフォー(調味料の塩分1.8g)

f:id:mmem:20150331153958j:plain

今日はステロイドパルスでした。

 

点滴の滴下がうまくいってくれず、

家に戻ったのは14時過ぎ。

 

 

昼ごはんはカンタンなものにしよう!

ということで、

フォーに決定。

 

 

 

■チキンのフォー(1人前)

※レシピの著作は当ブログにあります。無断での私的・商用利用(無断複製・公開・転載・販売)を禁じます。

材料

スープ

・水 250㏄

・骨付きの鶏肉 60gぐらい(お好みの量)

・葱の青い部分 少々

・ショウガ ひとかけ

・ニンニク 少々

・コショウ 少々

・鷹の爪 少々

 

具材&麺

・しめじ 適量

・ライスヌードル(乾麺) 1人前

※麺はタイビーフンや春雨、葛切りでも代用できます

 

トッピング

・レモン ひとかけ

・あさつきや細葱など 適量

パクチー、または、セロリの葉 適量

・白ごま 少々

 

後入れ調味料

ナンプラー 小さじ1/2程度(塩分1.8g相当)

ナンプラーはメーカーによって食塩相当量が異なるので、ご家庭のものの成分表示に従って量を加減してください。

 

作り方

1、ライスヌードルはぬるま湯でふやかしておく。

2、スープの材料を鍋に入れ、中火にかける。沸いてきたら弱火にし、あくを取りながら20分程度コトコト煮込む。

3、ライスヌードルを鍋に加え、少し固めに茹で上げる。器に麺だけを盛る。

4、葱の青い部分を捨てる。スープにしめじを加えてさっと煮て火を通し、麺の上に鶏肉と共に盛り付ける。スープを注ぎ、レモンとパクチー(またはセロリの葉)を飾る。トッピングの葱と白ごまをふる。

 

食べ方

食べるときに後入れのナンプラーを回し入れ、レモンを絞っていただく。

 

普通食アレンジ

茹でもやし厚揚げを入れるとかさが増えて、男性でも満足。

・具を追加して味が薄くなったときは、ナンプラーを追加してください。 

 

ポイント

鶏肉は必ず骨付きのものを使ってください。鶏の旨みは骨に凝縮されています。身だけでは出汁が出ません。

・最初から調味料を入れてしまうと、麺を煮込むときに塩分を吸い込んでしまい、かなりぼやけた味になってしまいます。ナンプラーを食べる直前に入れることで、スープの塩味を濃く維持することができ、舌の満足度が格段に上がります。

 

 

 

あまりにおなかが減っていたので、

トッピングの葱を入れるのを忘れました。

 

麺をすすりながら、

 

「そういえば、余ったココナッツミルクが冷凍庫にあったはず…」

 

ということで、

おやつにチェー(ベトナムあんみつ)を作ることにしました!

 (チェーのレシピは次の記事でご紹介します。)

 

 

「M」