Bistro"1.8g"

igA腎症の料理人「M」です。当ビストロでは、一食当たり塩分1.8g以下の美味しい減塩料理を紹介。

コーヒーブレイク。

f:id:mmem:20150401181544j:plain

ステロイドパルス治療の最終クールが

本日、無事に終了しました。

 

早朝にガッツリ仕事をしてから点滴というハードな日もあり

ぐったり疲れてしまうこともありましたが、

 

 

大きな副作用もなく、

やれやれです。

(検査で骨密度が若干低かったので、まだ予断は許しませんが。)

 

 

主治医の先生いわく、

私はステロイドとなぜかすごく相性が良いのだそうです。

 

ニキビはほとんどできなかったし、

パルスすると肌は真っ白つるつるになるし、夜も快眠でした。

ムーンフェイスも微かに、たまになる程度。

 

ときどき、薬が切れたときに、

気分が鬱になることがあって、

それは少し辛かったのですが…

 

優しいパートナーの支えと、

家族のフォローのおかげで、

なんとか乗り越えられました。

 

 

これは勝手な推測なので、

医学的根拠はないのですが、

私の腎臓は疲弊しているものの

その他の身体はとても健康なので、

副作用が少なかったのだと思います

 

というのも、私、

もともと「超」のつく健康オタク。

20代前半の、まだ老化現象が現れるずっと前から、

日々の食事&小さなメンテナンスをコツコツと積み重ねておりました。

 

今、28歳ですが、ときどき大学生に間違われます。

見た目年齢が若い人は、身体自体が若いと医学的にも言われているので、

私の身体はきっと若く保たれているのだと思います。

(まぁ、単に私が幼いだけなのかもしれませんが。ひどい童顔ですし。。。笑)

 

 

igA腎症が発覚して、あらゆる数値が一番悪かったとき、

クレアチニン 1.43

・蛋白定性 3+

・潜血 3+

でした。

 

腎臓の稼働率が、同年代に比べ何とたったの37%しかなかったのに、

(やばいですよねこれ)

血管年齢が若すぎて、

血圧はずーーーっと正常値!

 

カリウム制限も一切なし。

 

尿から蛋白ダダ漏れにも関わらず、

「食事のタンパク質の量は気にしないでいいよ」

という謎の言質さえ、主治医から有り難く頂く始末。

 

扁桃腺摘出後、

赤血球RBCも晴れて陰性になり、

『予後良好』との嬉しい言葉も頂いております。

(私、もともと扁桃腺肥大もなければ扁桃炎の症状も一切なく、耳鼻科の診察でも『外見からは異常なし』の診断でした。なので、扁桃腺を切っても意味ないのでは? と思っていたのですが、摘出後の病理検査で細菌感染と明らかな変異が見つかりました。こういうケースもあるので、もしも扁桃腺摘出をためらわれている方がおられましたら、ぜひとも勇気ある決断をお勧め致します。)

 

 

いま、クレアチニンの数値は順調に下がっています。

 

私は初期の尿検査で発見が遅れたため、

完全に潰れてしまっている糸球体が少なからずあり、

無事に寛解したとしても、腎機能は人より少し低いままなのですが、

 

先生が言うに、自然治癒力が発揮されているとのことで、

修復可能な糸球体については再生していくのだそう。

 

これからが踏ん張りどころですね!

 

 

今日は昼食の後、

パルスを頑張った自分へのごほうびとして、

コーヒーとヌガーでひとやすみしました。

 

カップは、フランス製のもの。

ヴィンテージのミルクガラスです。

ブルーの花模様が、どことなくシノワズリで、

とてもお気に入り。

 

コーヒーはきちんと豆からドリップしたデカフェ(カフェインレス)です。

インスタントコーヒーはカリウム含有量がとても多いので、

絶対飲んではいけません!

 

ヌガーはオランダ産。

f:id:mmem:20150401180947j:plain

『Lonka』という老舗キャンディメーカーのもの。

ナッツとドライフルーツが入っていて

恐ろしく美味しいです。

わずかに食塩が入っていますが、

クッキーの類に比べると遥かに少なく、

一個、二個食べても全く支障のない量です。

 

 

こうやって、 

たまには息抜きをしながら

楽しく闘病&減塩生活を頑張りたいと思っております。

 

 

「M」