読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bistro"1.8g"

igA腎症の料理人「M」です。当ビストロでは、一食当たり塩分1.8g以下の美味しい減塩料理を紹介。

鰤の粕漬・焼き野菜の付け合わせ、蕪の黒胡麻よごし(調味料の塩分1g)

f:id:mmem:20150402182834j:plain

先日仕込んだ鰤の粕漬です。

 

身はふっくら。

鰤の嫌な臭みが消え、香ばしい風味に。

 

漬床に塩分を一切いれず

焼いてからお醤油をかけることで、

 

 

ガツンと塩味の感じられる、大満足の一品になりました。

 

 

副菜には、

焼いた野菜と生の野菜を合わせて

純和風の献立に。

 

 

 

■鰤の粕漬

※レシピの著作は当ブログにあります。無断での私的・商用利用(無断複製・公開・転載・販売)を禁じます。

 

材料

・鰤の切り身 3切

酒粕 100㏄ぐらい

・水  適量

・本みりん 小さじ1

・砂糖 小さじ1

 

漬け方

1、タッパー、もしくは破れないビニール袋を用意する。酒粕を入れ、本みりんと砂糖を加えて混ぜる。水を少しずつ加えながら練り、絹ごし豆腐を潰したぐらいの柔らかさに仕上げる。

2、鰤の表面の水気をペーパー等でふき取り、酒粕を塗るようにしてなじませる。

3、冷蔵庫で一晩~二晩漬ける。漬け込みすぎると酒臭くなるので注意。

※冷凍保存する場合は、表面の酒粕をさっと洗い落として水気をよく拭き取り、ラップで包めばOK。

 

焼き方

・表面を水でさっと洗い、ペーパーでしっかりと水けを拭き取ってから焼く。皮が焦げやすいので、火加減に注意する。

・鰤と一緒に付け合わせの野菜も焼く。

 

食べ方

自家製だし醤油 小さじ1(塩分約1g)をかけて食べる。

f:id:mmem:20150402182835j:plain

お醤油、

たった小さじ1杯かけただけなのですが、

ちょっと濃いぐらいでした...

 

「後がけ醤油テクニック」

本当に優秀です。

 

今回は鰤を漬けましたが、

でも美味しくできます。

(鮭・鱒は鰤よりあっさりしているので、漬け時間は一晩で十分です。)

 

 

さて。。。

察しの良い方はもうお気づきでしょう。

 

そう、

蕪の黒胡麻よごし。

 

なんと、塩分0gです!!

 

 

でもすごくおいしいんです。

こちらは、また明日に詳しく記事にしますね。

 

 

 

「M」