読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bistro"1.8g"

igA腎症の料理人「M」です。当ビストロでは、一食当たり塩分1.8g以下の美味しい減塩料理を紹介。

蕪の黒胡麻よごし(調味料の塩分0g)

f:id:mmem:20150402182836j:plain

旬の蕪って、甘いですよね。

土を洗って皮をむいて、豪快に齧りつく。

 

少しメロンを思わせるような

何とも上品な香りがして。

 

みずみずしい甘さが広がって、

抜群に美味しい。

 

そんな蕪の美味しさを最大限に生かしたレシピです。

 

 

■蕪の黒胡麻よごし(1人前)

※レシピの著作は当ブログにあります。無断での私的・商用利用(無断複製・公開・転載・販売)を禁じます。

 

材料

・小蕪(葉付きのもの) 1個

※大きいサイズの蕪は大味で甘みが少ないので、必ず小蕪を使用してください。

・本みりん 少々

・からし粉 少々

・黒練り胡麻 小さじ1

・鰹節 適量

・白ごま 適量

 

作り方

1、蕪は実に茎を少し残して葉と切り分ける。実は、茎の間の土を流水で落とし、水気を拭いて、皮をむいてくし切りにする。葉は、食べやすい大きさに切って蒸す・あるいは茹でて、よく水気を絞っておく。

2、ボウルにからし粉と本みりんを入れて練る(ツンとしたのがお好みの方は、練ってから2~3分置くと辛みが増します)。黒練り胡麻を加えてよく混ぜ、蕪の実を入れて和える。馴染んだら、葉と鰹節を加えてサッと和え、器に盛って白ごまを振りかける。

 

ポイント

・最大のポイントは、塩分を含む調味料を一切使用していない事メイン料理に塩を多く使ってしまった時など、副菜に合わせると大助かりです

・からし粉を使用することで、料亭でいただく和え物のような上品な味に。チューブ入りのからしは保存料食塩が入っているのでお勧めしません。粉タイプは日持ちも良いし、和洋中全てに使えて、本当に便利。

 

 

 

まだまだ続く蕪の季節。

 

オリーブオイル&黒胡椒をかけただけ、

というのも個人的に大好きです。

 

ぜひお試しください!

 

「M」