読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bistro"1.8g"

igA腎症の料理人「M」です。当ビストロでは、一食当たり塩分1.8g以下の美味しい減塩料理を紹介。

レモン・チーズケーキ(6人前、1ホール直径18㎝、塩分約1.5~1.8g)

f:id:mmem:20150608084415j:plain

チーズケーキを作りました。

 

クリームチーズは食塩が入っているので、

水切りしたヨーグルトで代用。

 

本当はマスカルポーネを使いたかったんですが、高すぎて手が出ず...

マスカルポーネは無塩のチーズなので、

塩分制限のある方には救世主のような存在です。

パンに塗ったり、モッツァレラのかわりにトマトに挟んだり。

 

ただ、フレッシュチーズなので、

お値段がはるのが悲しいところ。

 

なので、今回はヨーグルトでなんとかしました。

水切りが面倒な方は、市販のギリシャヨーグルトを使えば手早くできます。

 

レモンを入れて、初夏にふさわしい

爽やかなケーキになりました。

f:id:mmem:20150608084413j:plain

ローズマリーを飾り付けたら、

もう地中海の香り。

 

時間がなかったので、タルト台は焼かずに

ビスケットを砕いて簡単に。

 

「マリービスケット」をサラサラになるまで砕いて、

溶かしバターを加えて揉みこみ、

型にしっかりと押し込めて冷蔵庫で冷やすだけ。

 

塩分はビスケットに含まれている食塩のみです。

1ホール=6カットで、塩分は1.8g

なので一人前0.3gですね。

 

タルト台を塩なしで焼けば、塩分0gのケーキになります。

 

 

レシピを公開したいのですが、

ムース部分が少し固すぎたり

改善点がまだあるので、

後日、upしますね!

 

 

★レシピ追記★

マリービスケットが2016年2月にリニューアルしたようで、

1枚当たりのナトリウム量が少し減りました!

www.morinaga.co.jp 

なので、

 

1ホール≒約1.5g

1カット≒0.25g

 

となります。わーい!

 

 

■レモン・チーズケーキ(18㎝、6人前)

※レシピの著作は当ブログにあります。無断での私的・商用利用(無断複製・公開・転載・販売)を禁じます。

 

材料

・マリービスケット 36枚(約200g)

・無塩バター 100g

・粉ゼラチン 5g

・牛乳 25㏄

ギリシャヨーグルト 300g

※もしくは水切りしたヨーグルト300g

・砂糖 60g

・レモンのしぼり汁 15㏄

・生クリーム 100㏄

。飾り用のレモンスライス

 

作り方

1、底の抜けるケーキ型にラップをぴっちりとしいておく。マリービスケットをジッパー付きのポリ袋に入れ、サラサラの粉状になるまで砕く(塊が大きく残るとひび割れの原因になるので、根気良く砕いてください)。バターを液状になるまで溶かしたものをポリ袋に加え、袋ごと手で揉んでまんべんなく混ぜる。出来上がったものをケーキ型の底に敷き詰める。上からラップをして手でぎゅうぎゅうと押し付けて空気を抜き、平らにする(空気が残るとひび割れの原因になるので、全体をきっちりと押してください)。冷蔵庫で1時間以上冷やす。

2、ボウルに生クリームを入れ、泡立てる。泡立てるかたさは、生クリームにホイッパーの跡が残りはじめ、すくうとリボンのようにもったりと流れ落ちる程度にとどめる。すくったときにクリームが塊でボタッと落ちたり、角が立つまで泡立ててはダメ。泡立てができたら冷蔵庫で冷やしておく。

3、湯煎にかけられる小さな容器を用意して、牛乳を入れる。そこへ粉ゼラチンを振り入れて、よくかき混ぜて5分以上置いてふやかす。

4、新たにボウルを用意し、ギリシャヨーグルトを入れ、砂糖とレモン汁を加える。全体がなめらかになって砂糖がとけるまでよく混ぜる。

5、ゼラチンの容器を湯煎にかけ、ゼラチンを完全に溶かす。4のヨーグルトをスプーンですくってゼラチンの容器に加え、よく混ぜる。これを3回ぐらい繰り返したものを、今度はヨーグルトのボウルに少しづつ加えてダマにならないようよく混ぜる。

6、ヨーグルトのボウルに、泡立てておいた生クリームを加える。ボウルの底に氷水(保冷剤入りの水でもよい)を当てながらゴムヘラで混ぜる。とろみがついたらクリームの出来上がり。

7、冷やしておいたビスケット台にクリームを流し入れ、冷蔵庫で3時間冷やして完成。方から外し、薄くスライスしたレモンを飾る。

 

ポイント

・工程は多いですが、作業自体はとても簡単です。

・冷やす工程がある分時間はかかりますが、余ったマリーでも齧りながらのんびり作ってください!笑

・あまいのが好みの方は、砂糖の量を増やしてください。増やした分の砂糖は生クリームに入れて泡立ててください。ヨーグルトに入れると、とけきらなくなる恐れが。

・市販のヨーグルトは水分量にばらつきがあるので、出来上がりのかたさが多少変わります。お好みでゼラチンの量を調整してみてください。

 

 

 

「M」