Bistro"1.8g"

igA腎症の料理人「M」です。当ビストロでは、一食当たり塩分1.8g以下の美味しい減塩料理を紹介。

シナモンガム

f:id:mmem:20160322004326j:plain

親知らず抜歯5日目です。

なんとか口が開けられるまでに回復してきました。

きのうの夜が一番痛くて、

患部というより周囲の歯茎やのどがぱんぱんに腫れてしんどかった。

 

波が去ったいまはとにかく口が気持ち悪いので、

濃い緑茶をのむか、

キシリトールのガムを噛んでいます。

 

写真は、アメリカのシナモンガム。

『Spry』(スプライ)

値段が高くて涙が出そうですが、

なにしろ成分がすごい!

甘味料がキシリトール100%なんです。

(日本のキシリトールガムには残念ながらアセスルファムKなど入ってます)

甘いのに砂糖が入ってないので、歯磨きの後や寝る前にも噛めます。

私は一日一粒、大事に食べています。笑

ネットで買えます!

 

ここ半年、親知らずのある右の頬骨がすごく痛くて、

横向きに寝るのがしんどいぐらいだったんですが、

嘘のように痛くありません。

 

あと、疲れるとしょっちゅう右の耳下のリンパが腫れて、

首から肩のツッパリがひどかったんですが、

それもぜんぜんありません。

 

やはり隠れた炎症があったんですね。

 

igA腎症の治療中で、親知らずがある方。

可能であれば、まだ痛みがなくても抜いてしまうことをオススメします!

 

 

さて、

ステロイド服用も終わった今、

明らかにわかる不調というのはありません。

 

なので、人から見れば、

私は普通に元気に映ると思います。

が、自分にしかわからないからだの変化があります。

 

まず、すごく疲れやすくなりました。

どういうことかというと、

普通の日常生活は一応できるんですが、

あいだにしっかり休憩を挟まないと途中で燃料切れになります。

仕事だろうが遊びだろうが、

休みたいのを我慢して動き続けると、

あとでどっと疲れて、崩れるように寝転んでしまいます。

 

そして、貧血。

私の腎機能は半分なので、

タンパク質をとりすぎないように気を付けています。

(腎臓に負担がかかりますからね)

あと、尿酸値も上がりやすいので、

レバーなどの造血に良い食品もたくさんとれません。

なので、どうしても貧血気味になります。

時々立ちくらみがします。

 

 

igA腎症の辛いところは、

『無理をする』

ことが厳禁であること。

 

ちょっとした疲労

少しの体調不良

軽い風邪

鼻炎や虫歯

 

ほんの些細なことがきっかけで、

腎臓が再燃する恐れがあります。

 

普通の人は、

「最近ちょっと疲れがたまってるから、今日はいっぱい寝よう」

「寒気がするし風邪のひき始めかもしれない。とりあえず市販の薬をのもう」

という風に、症状が出てから休みをとったり自分で対処ができます。

「今週は忙しいけど、あともうちょっと頑張れば休日だ」

なんていう風に、予定や仕事に体調を合わせることができます。

少し無理をしてもあとから回復できます。

 

igA腎症の人はというと、そうはいきません。

疲れが出る前に休みをとる必要があります。

はっきりした疲労や体調不良が出てから対処していては、

手遅れになる可能性があるからです。

 

ここが、周囲の人にはなかなか理解してもらえません。

 

サボっている

しょっちゅう休んでいる

また寝てる

だらだらしている

すべきことを先延ばしにしている

 

そう解釈されてしまうケースも多いようです。 

 

当の本人としては、

己のキャパを恐る恐る探りながら、

無理をしない自分のペースを保とうと必死なので、

辛いところですね。

 

 

明日は定期健診です!

歯茎が腫れているので数値は悪いと思いますが、

とりあえず採血がんばります。

 

 

「M」