Bistro"1.8g"

igA腎症の料理人「M」です。当ビストロでは、一食当たり塩分1.8g以下の美味しい減塩料理を紹介。

これぞパリの食事!

f:id:mmem:20160401033259j:plain

親知らず抜歯から2週間が経過し、

お口の調子はかなりましになってきました。

 

歯を抜いたことのある方ならよくわかると思いますが、

抜歯後しばらくは歯磨きがしっかりできず、

ひどい悪臭に悩まされました。

 

歯は痛いわ、花粉症はツライわ、

食事の味がイマイチよくわかりません。

早く元気になりたい。。。

 

 

ところで、

私が最近ハマっている料理番組がこちら。

www.youtube.com

『レイチェルのパリの小さなキッチン』

(原題『The Little Paris Kitchen』)

 

先日、NHKで日本語版の放送がありましたね!

私はもうすっかり虜です。

NHKのサイト↓↓

www4.nhk.or.jp

※サイト内に詳しいレシピがいくつかのってます


残念ながらyoutubeでは日本語版はアップロードされていませんが、

聞き取りやすい英語ですし、

料理の手順が映像で見れるので、

きっとなんとなく理解できると思います!

 

 

イギリス人のレイチェルさんが紹介しているのは、

パリの日常でよくみられる、とてもオーソドックスな料理です。

 

日本でフレンチといえば、お高くとまったイメージを抱く方も多いはず。

でも、フランス料理の一番魅力ってそこじゃないと思う。

留学などでフランスに一定期間滞在し、

生活というものを経験したことのある方なら、

『そうなの!そうなのよ!!』

と共感してくれるはず…笑

 

いわゆる「ザ・一流のレストランのお料理」ではなく、

ビストロや、デリ、

家庭で気軽に食べてる料理が断然私は好きです。

なんていうか、

シンプルで洗練されていて、でも気取っていない。

 

(なんか日本ではパリ=気取ってるみたいなイメージありますが、

恐ろしい偏見です。。。ただの適当で汚い街ですよ、パリは。

カロンなんかそんなしょっちゅう食べないし、着てる服も適当ですし、

髪もびっくりするぐらいぼさぼさな人が多いですよ。もちろんすっぴん率も高し。

バゲット抱えてシャンゼリゼ通りをお散歩なんて幻想です。

原宿の竹下通りみたいなもので観光客しかいません。

移民も多いですしね。)

 

普段のフレンチは料理方法もけっこうおおざっぱですし、

使っている食材は特別なものじゃないのに、

ハッ!と感動する新しさがあります。

 

レイチェルさんの料理で、

わたしが特にいいなぁ~と思ったのが

「レバーソテーとイチジクのサラダ」

味付けもシンプルで、素材の味が楽しめそう。

薄味で美味しく作れそうです。

 

レイチェルさんの玉ねぎスライスのテキトーっぷりが最高!

 

そしてまた、ファッションもかわいいんですよね。

シックで素敵。

彼女、なかなかボリュームのある体型ですが、

むしろそれが魅力的。

やはり良い食事は美しい人をつくる、

としみじみ思いました。

 

あ、トップの写真は

テレビ台に飾ってるオブジェです。

MINIのミニカーとエッフェル塔で、

これぞパリとイギリスの融合!笑

 

 

「M」