Bistro"1.8g"

igA腎症の料理人「M」です。当ビストロでは、一食当たり塩分1.8g以下の美味しい減塩料理を紹介。

減塩生活のたしなみ

f:id:mmem:20170821170135j:plain

ブションへ行ってきました。

毎夏の恒例。

ここでは、

「塩の少ない料理はどれかな~」

など愚かなことは一切考えません。

食べたいものを食べる!

 

普段節制しているので、たまの贅沢は本当においしい。

涼しい夜風を感じながら飲むワインはまた格別です。

この日はローヌの白をのんだんですが、

めちゃくちゃおいしかったです。

 

いつもは前菜にニース風サラダを選ぶんですが、

ブションに行く前にオーバカナルで一杯やり

(まさかのはしご)

そこでニース風サラダをつまみに食べたので(笑)、

鯛のカルパッチョを注文しました。

バジルがきいておいしかったんですが、

それよりも妹が注文したサラダがもう恐ろしくおいしくて!

アンディーブとブルーチーズのシンプルなサラダなんですが、

ソースがもう抜群でした。

永遠に食べ続けられる種類のやつです。

 

メインは、迷いに迷ってサーモンのグルノーブル風を。

f:id:mmem:20170821170127j:plain

レモンの酸味と焦がしバターの香り。

とろとろのマッシュポテトにたっぷり絡まって…

とまらない!

うまい!

 

大好きなクネルと迷ったんですが、選んで正解でした。

また近いうちに食べに行きたいなぁ。

 

 

さて、2015年から始めた減塩生活ですが、

がんばりすぎたせいでしょうか、

今夏生まれて初めて熱中症になりました。

 

未だかつてない頭痛と寒気(室温29℃なのに)

そしてリバース。

とっさに塩をひとつまみ舐め、

麦茶を大量に飲みました。

 

夏は汗をかく分、塩は多めに取らないといけませんね。

やり過ぎは禁物です。

水分不足や極端なミネラル不足も腎臓には悪い。

とりすぎも、とらなさすぎにも注意が必要です。

 

皆様もお気を付けください。

 

 

「M」