Bistro"1.8g"

igA腎症の料理人「M」です。当ビストロでは、一食当たり塩分1.8g以下の美味しい減塩料理を紹介。

食欲があるというのは、すばらしいこと。

f:id:mmem:20170724115450j:plain

ご無沙汰しております!

 

2017年も半分を過ぎましたが、

ブログの更新が今年まだ2回目という...!

いやはや月日の流れるのは早い(他人事)

 

思うところあって、更新を意図的にとめておりました。

このブログは匿名なので、

なんでも正直に書いています。

あくまで減塩レシピブログなので、

私生活のことを言う必要性はないんですが、

私の中の区切りとして。。。

 

ちょくちょく結婚の話を書いていたかと思いますが、

昨年末の入籍から、ちょうど半年で離婚と相成りました。

(残念ながら話題の昼顔ではありません!)

 

以前からそうじゃないかと思っていたのですが、

相手さんがどうやら「アスペルガー症候群」の可能性があり。。。

いよいよ新生活を始めるというときになって、

見過ごせない弊害が多々出てきて、どうにもいかなくなりました。

 

私としては、相手さんがアスペルガーでも構わなかったんですが、

(だって私も完治しない難病持ちだしね)

相手さんは「僕は病気じゃない。病院にはいかない」

の一点張りで、解決せず。

 

相手さんの場合は記憶障害がひどいのに、

その自覚がないから話が噛み合わない。

論理性も破綻しかかっていたので、最後の方は会話も成り立たず・・・

何とか病院へ行ってもらおうと説得したのですが、

無理でした。

 

話し合いをしてる時はとてもしんどかったのですが、

離婚となった今では肩の荷が下り、心穏やかで楽しい毎日です。

 

半年前はまさか自分が離婚するとは夢にも思ってませんでしたし、

離婚したのにむしろ前より充実した毎日を送ることになろうとは。

人生何があるかわからないですね。

 

 

それにしても、

病気の人ほど病院に行きたがらないのはなんなんでしょう??

 

 

思えば私も、最初に尿の異常がわかったとき、

「私が病気とか、絶対ないわ~」

と思っていました。

すごい色の血尿が出てるのに、ただの過労だと思ってましたからね!

 

igA腎症という診断が下りて、

やっと納得できたというか。

 

あのときお医者さんの言うことを無視して大きい病院に行っていなかったら、

今頃私は透析だったでしょう。

人の言葉を素直に受け取るというのは大事なことですね。

 

 

さてさて、

先日ラデュレのサロンへ行きました。

アフタヌーンティーを楽しんできましたよ♬

写真はサントノレです。

これ、ずっと食べたかったんですよねぇ!

ローズの香りのクレーム・シャンティイが恐ろしくおいしかったです。

ずっと舐め続けられるやつ!

 

内装もさすがの美しさで、

本当に良い気分転換になりました。

食欲があるってすばらしい。

 

 

今後は記事の更新を頑張っていこうと思います。

毎週月曜にアップしていこうと思いますので、

皆さま、ぜひぜひ見にいらしてください!

 

 

「M」